オーリスタットの知られざる秘密をご紹介
オーリスタット配合医薬品オルリガル

オーリスタットは、膵臓から小腸へ分泌される脂肪分解酵素リパーゼの働きを邪魔する成分です。
脂肪の分子量は大きいので、このまま直接腸管から吸収することができません。
ダイエット目的で言えば、分子量が大きいサイズのままであれば腸管から吸収されずに体外に排出されてしまうので、脂肪からのカロリー吸収をダウンさせることができます。

オーリスタットはそれを実現する薬で、脂肪分解酵素リパーゼが脂肪を腸管から吸収できるサイズに分解してしまうのを防ぎます。
吸収されなかった脂肪分は腸管を素通りして、便に混じってそのまま体外に排出されます。
オーリスタットのポイントは、脂肪分解酵素リパーゼの働きを邪魔するという点にあります。
なので、リパーゼが吸収に関わらない炭水化物やタンパク質については吸収に影響を与えません。
タンパク質は体の構成材料になるので良いですが、ダイエット目的では炭水化物の吸収はダウンできない点がデメリットになります。
オーリスタットは摂取した脂肪分のカロリー吸収を減少させてくれる薬なので、脂っこいものを食べ過ぎたという時に使うと良いでしょう。
オーリスタットを含んだダイエット治療薬でおすすめなのはゼニカルと呼ばれる治療薬です。
ゼニカルのジェネリック医薬品であるオルリガルも同等の効果を得られるので効率的に痩せることができます。

ゼニカルは食事から摂る脂肪分の吸収を最大で30%カットします。ゼニカルを飲んでいれば、厳しい食事制限をしなくても飲むだけでダイエット効果が得られますので、減量中にありがちな「食べたい欲求に負けてしまう」といった挫折の心配もありません。普通に食事をしても、ゼニカルを飲んでいればダイエット効果が得られることから「食べながら痩せる薬」として知られており、肥満症治療の減量補助薬、肥満を予防する薬として用いられます。

引用元:ゼニカル – 通販価格:13,480円【正規品28%OFF】|薬の通販オンライン

飲むタイミングは、食間または食後に1錠です。
炭水化物やタンパク質がメインの食事であればオーリスタットの効果は期待できないので、その時には飲まなくても良いでしょう。
基本的には120mgカプセル1錠を1日3回、脂肪を含む食事と一緒に服用するようになっています。
仮に1日の総摂取脂肪カロリーが1000kcalだったとすれば、オーリスタットを服用することによって約30%のカロリーダウンが期待できるので、700kcalの摂取カロリーに抑えることができます。
オーリスタットは体に蓄積されない成分なので、安全に使うことができます。